2022

2

Room Service

MAY 28 - JUNE 26 2022

The Massは、5月28日よりサム・フリードマンの個展「ルーム・サービス」を開催します。本展は、日本での初個展となり、現在制作中の「Cave Paintings」シリーズから、すべて新作のキャンバス作品を発表します。
 
滑らかで流れるようなラインの繊細さと色彩のグラデーションが特徴的なフリードマンの作品は、キャンバスの表面上で抽象的なフォルムのハーモニーを奏でています。形式的な美学を根源とした絵画アプローチを続けるフリードマンのキャンバスは、自然界に見られる有機的な要素や質感を反映した抽象的な作品となっており、自身が住んでいるニューヨーク州北部の自然の風景にもインスピレーションを受け、作品が展開するにつれて常に画面上でのアプローチを変え、彼の頭の中にあるイメージをキャンバスに描き出す試みを続けています。多くの場合、複数のキャンバス制作を同時進行し、同じようなアイデアを持つ作品の反復や一貫してのストーリーを繰り返しながら、彼が何度でも作品に対峙し考察することができるというコンセプトの上でそれらは成り立ち、ユニークな表現となって立ち現れているものと言えます。フリードマンは、自身の絵画制作のプロセスと同様に、時間や直線的なものが持つ概念に抵抗しています。Cave Paintingsシリーズは、彼の初期の具象作品の中で生まれ、抽象化との反復の中で継続し、そのスタイルを確立してきました。その後の展示の度にフリードマンのプロセスの微妙な変化を見ることができ、彼の実践の継続的な特質により、これらの変化は抽象と表現の間を循環的に行き来し、方法論的、反復的でありながら、自由で自発的なものとなっているのです。このプロセスについてフリードマンは、自分の作品はある地点から始まり、そこからアイディアの成長に合わせて構築・調整をしていきますが、しばしば 「絵画が(自分自身を)支配するようになる」と言葉に残しています。フリードマンにとって、このプロセスを受け入れ、作品に自らの方向性を見出させることが、好奇心と無限の可能性に満ちたイメージを創り出すことを可能にするのです。
 
フリードマンの作品は、クリフォード・スティルやバーネット・ニューマンといったアメリカの抽象表現主義の画家の伝統を受け継いでいますが、彼の参照するポイントははるかに幅広く、具象画や風景画、日本の木版画にも目を向けているものといえます。フリードマンの作品をよく見ると、色彩のグラデーションは区切られた線から形成され、互いにシームレスに移行していることがわかります。その線と形は、地図上の等高線や枯山水の砂紋を連想させます。枯山水とフリードマンのペインティングにはある種の類似性があり、どちらも周囲の自然風景の本質を捉え、絵を描くという繰り返しの行為が石庭の砂利を砂熊手を使いかき分ける行為と同等の瞑想空間を作り出しています。色彩の反復と層の構築のサイクルによって、描くという行為が第二の自然の姿となり本能的なものになるのです。そのため、彼の技術への献身さと頭の中のイメージを再現する必要性そのものが、絵肌に宿る神聖な純粋さをより一層見る側へ響かせるものとなるのです。
 
本展では、大型の円形キャンバスを含む大作を展示し、彼の絵画制作の循環的な性質と同様に、複数のキャンバスに描かれた小さなスケールの連作も公開いたします。この機会にぜひ作品の静謐さとフリードマンの描く心象風景の具現化をご高覧いただければ幸いです。
 
サム・フリードマン(SAM FRIEDMAN)
1984年ニューヨーク州オネオンタ生まれ。
ニューヨーク州北部、プレザントバレー在住。
ニューヨークのPratt Art Instituteでイラストレーションとタイポグラフィーを学ぶ。
卒業後、様々な仕事を経て、アーティストKAWS.のスタジオ・マネージャーとなる。その後、単独で活動を開始し、これまでに米国、ヨーロッパ、アジアで展覧会を開催している。
 
 
Courtesy of the Artist and Library Street Collective

2

INDEX#5

FEBRUARY 5 - FEBRUARY 27 2022

開館時間 12:00 – 19:00
閉館日 月曜日・火曜日
入館料 無料
 
The Mass では 2022 年 2 月 5 日(土)から 2 月 27 日(日)まで、西 祐佳里 個展「INDEX #5」を開催いたします。
 
西 祐佳里の作品は、自身が撮り溜めた写真や古い雑誌の切り抜き、インターネット上の画像などから採取した素材を ストックし、下絵としてそれらをデジタルコラージュしたものを、アクリル絵具を使いキャンバスに描き起こしています。 コラージュを絵画として表現するといった発想から現在に至る西のスタイルは、コラージュが持つ一種の心理療法的な側面も 内包しており、自身を投影した最新の記録(Record)と内的な世界を行き来する修練を繰り返しながら筆を使い、オリジナルの技法で制作を続けてきました。
 
本展が初の発表となる大型キャンバスの作品をはじめとする新作では、コラージュの世界観を超越し、どこまでも広が る空や、緑が青々と茂る草原、芝生、そしてどれも名前を持たない、正体不明の未知の生き物を混在させた大胆な構図は、 鮮やかな色で描かれるモチーフと解像度の異なるイメージを配置することにより、その違和感や陰影をより強烈に描き出し、 コラージュと映像といった異なるメディアの質感を絵画の技法を用いて見事に融合させ、表現しています。80 年代の SF や ホラー映画に登場するモンスター、原始的なクリーチャー達の印象がモチーフの源流となっており、作品の視覚的な ストーリーが訴えかける、どこか不穏でありユーモラスな絵画世界は、西の原体験を持って大きく影響しているものと言え ます。 また、近年の情勢から、西自身が内向的に家族と過ごす日々の中で生まれた作品も多く、例えば、手づかみで食べる機会の多い ハンバーガーの隣に消毒液が置いてあるものや、外気から身を守ろうと防護ヘルメットを被っている少女がいたり、これまで 意識してこなかった当たり前の日常へ問いかける場面も多様に描かれ、時代を反映するモチーフも数多く登場します。
 
西の作品で特徴的な、光の方向が生み出す違和感や、顔のない人物、感情不在のぬいぐるみ、平静な動物たち。現実と虚構を 混在させる架空の構図は常に不条理であり、日常世界の歪みを独自の表現で描き、見るものにその意味を深く訴えかけます。 コラージュへの考察から派生する様々な解釈は未知なる可能性を広げ、それらの変換として自身の絵画表現の具現化を試み ています。本展では、The Mass Room 02 にて西の作品世界を等身大のスケールで再現した空間インスタレーションと映 像作品も公開いたします。
西 祐佳里は京都芸術大学(元・京都造形芸術大学)デザイン学科を卒業後、絵画技法を独学で学び、培ってきた構成技術
や造詣を生かしながら現在の絵画スタイルに行きつき、制作を続けています。近年では 2021 年に開催された「VIEWING」 (SAI)の出展も記憶に新しく、国内外で注目を浴びています。
 
 
西 祐佳里(にし・ゆかり)
1978 年香川県生まれ。兵庫県在住。京都芸術大学(元・京都造形芸術大学)を卒業後、2004 年から国内外のギャラリーやアー トフェアにて絵画やミクストメディア作品を発表。西のアクリル画に見られるシュールレアリスム表現は、深い造詣と視覚 的なストーリーによりそのノスタルジックであり奇妙で幻想的な世界感を描き出している。日本の音楽シーンでも活躍の場 を広げ、CD ジャケットのデザイン、ポスター、ツアーグッズ、ミュージックビデオや映像作品の制作など、ミュージシャ ンとのコラボレーションも実現している。

 
Untitled Scene: K, 2021 Acrylic on Fabric 728 × 1,030 x 30mm @Yukari Nishi, The Mass

 
PREVIEW DOWNLOAD