1

Henry Leutwyler “DOCUMENT”

MARCH 24th - APRIL 15th, 2017

NOW

PAST

1

Henry Leutwyler “DOCUMENT”

MARCH 24th - APRIL 15th, 2017

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00

Closed Tuesday and Wednesday

Entrance: Free

 

We are happy to present Henry Leutwyler’s first solo exhibition in Japan. Document, an exhibit chronicling a twelve-years project.
Henry Leutwyler was born in Switzerland in 1961. He lived and worked in Paris for a decade before finding his way to New York City in 1995, where he established his reputation as portrait and still life photographer.

 

Steidl published Leutwyler’s first book Neverland Lost: A Portrait of Michael Jackson, in 2010. The first edition of Ballet was published in 2012, the second edition in 2015. The images from Ballet and Neverland Lost have been exhibited in solo shows in Los Angeles, New York, Paris, Moscow, Madrid and Zurich. His work has graced the pages of numerous magazines around the world and has earned him countless honors and awards.

 

A glove worn by Michael Jackson, James Dean’s door at the Iroquois Hotel symbolize the only stability in the nomadic existence of a young actor whose career was skyrocketing, Jean-Michel Basquiat’s hip Issey Miyake sunglasses, James Gandolfini’s Cadillac – his favorite possession, Astronaut and Apollo 14 crew member Alan Shepard’s golf club used to play golf on the moon, to name a few.
Leutwyler says “The people I was really interested in died before I could photograph them, so I thought, Let me make a list of my heroes and some villains and research what they owned.” (ARTE FUSE, 2016)

 

We will exhibit a selection of 45 photographs from Document which features the issues of American History over 100 years. The Document exhibition will remain on view through April 15th, 2017.

1

12×12 ART×MUSIC

FEBRUARY 25th – MARCH 19th, 2017

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00

Closed Tuesday and Wednesday

Entrance: ¥500

 

The Massでは、S.U.C.C.*と共にコンテンポラリーアーティストによって手がけられたレコードジャケットをコレクションをした企画展『12×12 ART×MUSIC – Contemporary Art meets Music on 12 inch square −』を開催いたします。

約80枚のレコードジャケットの数々にはRichard Prince , Damien Hirst , Banksyをはじめとしたアーティストが名を連ね、12 inch squareの中で展開される様々なデザインを一同にご覧いただける貴重な機会となります。
会期中には作品をまとめた図録の販売も行います。

 

* S.U.C.C.
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授を務める藤原ヒロシ氏のもとに集まったクリエイションやPRを学ぶ学生の集団。

1

Fumio Tachibana ‘Plastic’

NOVEMBER 25th - DECEMBER 18th, 2016

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00

Closed Tuesday and Wednesday

Entrance: Free

 

The Massでは11月25日(金)~12月18日(日)にかけ、立花文穂個展「Plastic プラスティック」を開催いたします。

文字や紙を自在に解し、集め、重ね、固め、纏め、そして再び解す、
といった制作を立花は続けています。
文字の根源に直接問いかけ、平面や立体など様々に変化する姿や
カタチ・フォルムは、その作品ひとつひとつから新たな「文字」を
発見することができます。
本展ではブロンズによる立体作品をメインに、併せて平面作品を
発表いたします。

立花文穂(たちばな ふみお)

1968年広島市生まれ。アーティスト、グラフィックデザイナー。
文字、紙、本を素材やテーマに制作を続け、国内外で発表。
2007年より『球体』をはじめ、現在6号まで刊行している。
今年、『Leaves 立花文穂作品集』(誠文堂新光社)を刊行。
編集から製本までを自身で行う作品集『KATAKOTO TACHIBANA』
(立花文穂プロ.)などを出版している。
著書に『かたちのみかた』(誠文堂新光社)。

1

FLOWER HUDDLE

AUGUST 27th - SEPTEMBER 25th, 2016

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00

Closed Tuesday and Wednesday

Entrance: ¥500

 

本展示は2015年12月に大阪にて開催された「FLOWER HUDDLE」展をさらにアップデートさせ、FRAGMENT, AMKK, S.U.C.C. とともに、様々な「花」の姿を寄り集めた展覧会を開催います。

花にまつわる洗練された作品の展示をはじめ、AMKK (東信、花樹研究所)による生花のインスタレーション作品を展示

AMKKによるフラワーショップも併設されます。また本展を記念し、T-シャツ、花器などのオリジナルグッズの販売もいたします。

1

Avant-Garde Symbolism

JULY 29th – AUGUST 14th, 2016

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00

Closed Tuesday and Wednesday

Entrance: Free

 

The Massの第一回目の展示では松本瑠樹ポスターコレクションより、ロシア・アヴァンギャルドを代表する作品をグラフィックに焦点を当てセレクトし、展示いたします。1920年を横断するロシア革命期に制作されたこれらのポスター作品は、「アヴァンギャルド」という軍事用語を含んだ言葉からも察する通り、当時の国家の文化政策としてのプロパガンダ(政治・思想宣伝)、映画宣伝等の政治的要素を色濃く反映した視覚芸術の作品群として存在します。本展覧会で公開する作品群はロシア構成主義と呼ばれ、極めて最小限に制限された文字やイメージ、色を一枚の画に配することにより、説明を持たずとも直接的にその意味を伝達することができる”グラフィック”の本質を表現し、伝えることができているものと言えます。決して肯定的ではない混沌とした時代の中で築き上げられた新しい文化(カルチャー)としてのロシア・アヴァンギャルドのポスター群は、アイデンティティーを残しながらより斬新で革新的な記号としてのグラフィックデザインの存在意義を今一度問う貴重な機会となることでしょう。